自分の好きなゲーム・アニメ・漫画・音楽等の感想を綴った日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月購入したコミックス
2005年12月16日 (金) | 編集 |
まだ、「テイルズ オブ ジアビズ」のソフトが届かないので、
今月購入したコミックスで「のだめカンタービレ」以外のものを紹介したいと
思います。

山岸涼子著「舞姫テレプシコーラ」11巻
赤石路代著「AMAKUSA1637」11巻
渡瀬悠宇著「ふしぎ遊戯玄武開伝」5巻

この他に井上雄彦著「リアル」5巻も購入しました。
これらは、以前新刊が出ると購入するコミックスということで紹介しました。
ほとんどが、アマゾンで購入しますが、たまに抜けたりしてたまたま本屋さんに行った時に見つけて購入するということもあります。

山岸涼子先生の「舞姫」はバレエ漫画で、アラベスクとは全く違います。
バレエ学校を経営する母親のもとで性格の違う姉妹がそれぞれ挫折を経験しながら成長していく物語です。姉にコンプレックスを抱きがらも稀な感性の鋭さを持つ妹が、姉がケガをしたことにより今後どういう方向に進んでいくのかが見所ではないかと思います。

赤石先生の漫画は、どれも好きなのですがこの「AMAKUSA」はクリスチャン系の高校に通う主人公(剣道部の女の子)が仲間数人とタイムスリップをして、天草四郎として島原の乱での一揆軍を救ううために奮闘するという物語です。
女の子なのに男装をしてデウスの使いとして幕府からの弾圧と戦う主人公は何故かベルバラのオスカルを彷彿させます。
同じ高校で仲の良かった男の子がそばで支えるのも似た感じです。

渡瀬先生の「ふし遊 玄武開伝」は私が語らなくても良いような気もしますが、リムドと多喜子がムフフ~
で新たな七星士を見つけたのですが・・・

井上先生の「リアル」は陸上選手だった主人公がある日病にかかり、走れなく
なってしまい、車椅子でバスケットを始めるのですが・・・
年に1冊づつしか発売されないようなので、前号までのあらすじを忘れたりしますが、いろいろ考えさせられる漫画です。
同じバスケット漫画である「スラムダンク」とは全く趣きが違います。
スポンサーサイト
テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
みやこさん
こんばんは~

みやこさんも、お涼さまと呼ぶところをみると、山岸先生のファンですか?
私も「黒鳥」はまだ読んでないのですよ~

この、「舞姫」もなかなか面白いですよ!
表紙も綺麗ですし・・・
お薦めで~す!余裕があったら是非、読んでみてくださ~い!
2005/12/18(Sun) 17:54 | URL  | らっこ #UXr/yv2Y[ 編集]
お涼さまのバレエ漫画♪
らっこさん、こんばんは~♪

おお、お涼さまのバレエ漫画が出ていたのですね!
私も読んでみようかな♪
そういえば以前買った「黒鳥」もまだ読んでいませんでした(汗)
情報ありがとうございました!
2005/12/18(Sun) 00:16 | URL  | みやこ #uuOpwH8k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。